口内炎塗り薬アイキャッチ

口内炎塗り薬は病院で貰える3種類で決まり【効き目が違います】

子供のころから口内炎に悩まされ続けてきました。

みゆきん
口内炎歴、40年以上の大ベテランです。
あきれ顔の猫パンダ猫パンダ
そんな自己紹介きいたことないわ
今回は、口内炎に悩んでいるあなたに、少しでも早く口内炎を緩和してもらえるように、【よく効く】口内炎の塗り薬をご紹介します。
一刻も早く治して、美味しくご飯を食べられる塗り薬ですので、早速ご紹介しましょう。

口内炎塗り薬は病院で貰える3種類で決まり【効き目が違います】

 

早く口内炎を治したくて、ついついドラッグストアなどで市販の塗り薬を購入しがちですが、やっぱり病院で処方してもらう薬にはかないません。
特に、私の場合は症状が酷くて、多い時には口の中に5か所以上口内炎ができてしまうことも少なくありませんでした。
そんな時には、病院でもらったこの3つの塗り薬で対応しています。
最近のお医者さんはもちろん適切な診断をしてくださっての上ですが、意外と患者の希望を聴いてくださいます。
内科を受診して処方してもらいましょう。

口内炎の塗り薬【ケナログ】

ケナログ

この塗り薬は、病院で処方してもらう薬の中でも断トツで有名な塗り薬ですね。

トリアムシノロンアセトニド
慢性剥離性歯肉炎、糜爛または潰瘍をともなう軟磁性口内炎に効きます。
・塗る時に伸びが悪いので、広範囲には塗りにくい
・患部に塗る時にざらざらして痛い

口内炎の塗り薬【オルテクサー】

オルテクサー

トリアムシノロンアセトニド(ケナログと同じ)
慢性剥離性歯肉炎、びらん又は、潰瘍を伴う難治性口内炎及び舌炎
ケナログとほぼ同じ成分ですが、ケナログより少し緩い軟膏なので患部に塗りやすいく、わたしの1番のおすすめ塗り薬。

口内炎の塗り薬【デスパ】

デスパ

・クロルヘキシジン
・ジェフェンヒトラミンサリチル
・ベンザルコニウム塩化物江液
・ヒロドコルチゾン酢酸エステル
アフタ性口内炎、孤立性アフタ、褥瘡性潰瘍、辺縁性歯周炎。
消毒液が入っており、炎症が特に酷い時にはこちらの使用がおすすめ。

3つの薬・使用する前に気を付ける事

基本、病院で処方してもらう薬なので、担当医の説明をよく聞く事が大事なのですが、自分で気を付ける事でより効果が出やすいので試してみてください。

・使用後、30分は飲食しない
・塗る際には綿棒を使って塗る
・使用する前は口腔内を清潔に(歯磨き・うがい薬でうがい)

口内炎にはタバコは良くないです

タバコ喫煙

私もタバコを吸いますが、特に巻きタバコは口内炎にはかなりの悪影響を及ぼします。

巻きタバコの火をつけた時の温度は790℃ともいわれています。

いくらフィルターがあるとはいえ、口の粘膜が損傷しているうえにタバコの高温は口内炎をさらに悪化させます。

口内炎を頻繁に患う人は、禁煙もしくは加熱式タバコをお勧めします。

関連記事

紙タバコからiQOS(アイコス)への移行はこの方法が大正解!私は自他ともに認めるヘビースモーカーです。多い時期には1日に紙タバコ2箱(40本)喫煙していました。今考えても馬鹿げた本数です。部屋の中で喫煙していたため部屋の中は[…]

たばこ,アイコス

私自身も禁煙できずにいる1人なので試行錯誤の上、喫煙しながら口内炎に向き合っています。

正確に言うと、私の場合は口内炎の原因がわかっているのですが・・・特定疾患ベーチャット病を発症して8年目を迎えました。

口内炎塗り薬は病院で貰える3種類で決まり【効き目が違います】のまとめ

口内炎塗り薬3つ

今回は、病院で処方してもらう口内炎の塗り薬3つを紹介させていただきました。

口内炎に苦しむ人はとても多くいらしゃると思いますが、とりあえず市販の薬で様子を見ていてもなかなか改善に向かいません。

どうかすると、悪化して大変な目に遭ってしまうと元も子もありません。

長年にわたって口内炎に苦しんできた私の結論では、口内炎の薬は市販の物では直りが遅いです。

今回ご紹介した3つの薬のうちどれかを病院で処方してもらって、使ってみてください。

あなたの口内炎の緩和に少しでもお役に立てれば幸いです。

口内炎塗り薬アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!