ジュエリー販売員向いている人とその仕事内容を晒します。

ジュエリー販売員向いている人とその仕事内容を晒します。

みゆきん
ジュエリー業界で働いて、20年になるみゆきんです。
とある大手デパートの宝飾売り場で、主に優良顧客といわれるお客様を相手にジュエリーを販売する仕事をしています。
デパートのジュエリーサロンは、どこか閉鎖的でわかりにくい場所だと思いますが、街の路面店のジュエリーショップとどのように違うのかという事も合わせて説明していこうと思います。
この記事では、ジュエリー販売員にはどのような人が向いていて、どのようなことを頑張ればカリスマ販売員になれるのか?
あわせてジュエリーサロンの仕事内容の裏側までしっかりと晒していこうと思いますので期待してくださいね。
関連記事

理不尽なノルマという高い営業目標が個人にある宝飾業界営業職というと「ノルマ」というワードを連想する人は多いと思います。営業職は仕事がキツイのでは?と思われる理由はこの「ノルマ」が1番の原因かもしれません。これから営業をや[…]

理不尽なノルマアイキャッチ画像

ジュエリー販売員向いている人とその仕事内容を晒します。

ジュエリー販売員向いている人とは

ジュエリー販売員に向いている人は・・。

よっぽどマジメな人かよっぽど不真面目な人です。

簡単に言うと、普通にマジメにコツコツ頑張るタイプの人がジュエリー販売員になっても成功しません。むしろ途中でつぶれてしまうか、ダメダメ社員として定年まで同僚に煙たがられる会社生活を送るでしょう。

なぜそうなうのかを、この道20年の私が解説していきます。並行して、この仕事がどれだけ闇深く、深刻な状態なのかも説明していくとしましょう。

普通のマジメ人間では勤まらない理由

ジュエリーを売る仕事はもちろん努力が必要ですが、マジメに勤めたからと言って結果が出る仕事ではありません。

どちらかというと、9割サボっていても1割の力で結果を出せればOKな仕事なのです。やり方はどうあれ結果が全てな仕事であり、運の要素も多く含みます。

たまたま接客したお客様が、高額品を買ってくださればよいですが、決定に至らないこともしばしばあるのです。

その割には、月の半分くらい経過すると見通しという儀式があり、今月の売り上げの予想を上司に尋ねられます。

そこでは、その月の予算通りに売り上げが行くという事を上司に伝えなければ、見通しという儀式は終わりません。

泣き顔(女性)販売員の女性
だったら最初から聞かずに予算通り行くって報告すればいいじゃんか・・。
そもそも、販売という仕事はおおかたの予想はできるものの、その根拠はほとんどなく、どことなく遠洋漁業の漁のような所があります。
終わってみなければわからないことを、あたかもそうなるように気合で乗り越えろといわんばかりの指導が上司から部下には入ります。
悪い人ばかりではないのですが、業界に染まった上司は、自分を持たず、上の言う通りにまるで洗脳されているかのような人達ばかりなのです。
ジュエリー業界に向いている人は、洗脳されやすい人なのかもしれません。
路面店の販売員はさらに上司からのプレッシャーを強く受けているようで、デパートの宝飾に転職してきた人から話を聞くと、デパートの宝飾の方が仕事が楽なようです。

会社の仕組みが今の時代に合わなくなったのかもしれません・・。

時代錯誤

あなたがジュエリー販売員になりたいと思っているのなら、私はその考えに全力で賛成しません。

☑いろんな会社を受けても、ダメだったから。

☑接客業をどうしてもやってみたい。

☑学歴がなくても出世できそうだからやってみたい。

☑大変そうだけど、ヤリガイがありそうだからやってみたい。

ジュエリー販売員になりたいと思う人は、上記のことを考えて入社を希望する人が多いように思います。
ハッキリ言って、ジュエリー販売員になるためには資格は必要なく、適正もよほどのコミュ障でない限りは、だれでもできる仕事だと私は思います。
どこの会社でもそうですが、会社員の給料がなかなか上がらないのは、ダメな社員(生産性のない社員)の分も稼げる社員が負担しなければならないことです。
逆に、売り上げが人の3倍ある人でも給料は、2倍どころか1.5倍というのが関の山なのです・・。
ジュエリー業界は全然稼げません・・。
売り上げをどれだけ上げようと、会社の仕組みによっては本当に割に合わない賃金しかもらえません。
したがって、ジュエリー業界の人間の口癖は、「お金よりもやりがいが大事」という風になるわけですが、だいたいの社員はそう言い聞かせているだけで、本当のところはそうでないことを知っているのです。
デパート業界もそうですが、ジュエリー業界の人材も他の業種に転職が極めて難しい職種だからです。キャリアアップしながら職種を変えたい人には、接客業は向きません。

ジュエリー業界のメリットもあります。

ジュエリー業界のメリット

もちろんメリットもあります。そうでないと20年もこの仕事を続けていません。

☑拘束時間は長いが実労働時間は少ない。
☑ボーナス査定以外は、評価制度も緩い。
☑ノルマ達成は難しいが、仕事内容は超簡単。
詳しく説明すると、拘束時間はやたら長い仕事ですがとにかく暇な仕事です。1日のうちに少ないときには全く商談もない日もありますので、本当に立ってるだけが仕事という日が頻繁にあります。
ですから、給料が安くても社員から面と向かって文句が出ない傾向があります。逆に売り上げの高い社員からすると、よほど社内で優越感に浸れるのを好む人でない限り、居心地が悪い環境だと思います。
実際にわたしも自分ばかり売り上げをあげても、周りがサボっている人達ばかりなのを悩んだ時期もありました。

時代錯誤な風習がまだまだあります・・。

ジュエリー業界には、ファミリーセールならぬ身銭を切らされるキャンペーンがいまだにあります。簡単に言ううと、自分の会社の商品を社員が購入させられるのです。

社員の9割、いやほとんどの社員がおかしいと思っているにもかかわらず、いまだに続いている会社が多いようです。この風習は若い子にはなかなか受け入れがたい風習のようです。

実際にこの悪しき風習のせいで、会社を辞めた新人を2人ほど見てきています。

ジュエリー販売員向いている人とその仕事内容を晒します。のまとめ

最後に,追伸

ジュエリー販売員に向いている人は・・。

よっぽどマジメな人かよっぽど不真面目な人です。

冒頭にこのフレーズから記事は始まりましたが、ジュエリー業界は閉鎖的で、保守的なところなので、普通のまともな考えを持った人だと、ついていけないかもしれません。

よほど訳ありな人か、学歴が無くよほど自分の力を試してみたいという人以外にはおすすめしない業種です。しかも給料面も期待できない分野です。

30年前からは平均年収が30万円弱減っている今、贅沢品である宝石は時代にそぐわなくなってきていると強く感じます。

今回はジュエリー業界に興味のある人向けに、「ジュエリー販売員に向いている人とは」というテーマでお話させていただきました。

あわせて、わたしがおかしいと思う業界の風習や、仕事内容も紹介してみましたがいかがだったでしょうか?

どうしてもご自身で確かめてみたい!という人以外の人には本当におすすめしない職種です・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ジュエリー販売員向いている人とその仕事内容を晒します。
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG