エプソンプリンター『EP-713A』レビュー!対応インクの名前は『サツマイモ』

ハッキリとは憶えてないのですが、5年ほど会社で使っていたプリンターがついに悲鳴をあげました・・。

廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。・・と。
EPSONさんのサイトの『よくあるご質問(FAQ)の回答でも・・
PCまたはプリンター本体に廃インク吸収パッドのエラーが表示された場合は、部品交換が必要です。
お客様ご自身での部品交換は、行うことができません。
部品交換の作業は、弊社修理センターにて承ります。
なお、修理対応期限(補修用性能部品の保有期限)が経過した製品については、修理の受付は行われておりません。
お手数ではございますが、製品のお買い替えをご検討ください。
という風に、諦めて買い替えてくださいとサイトにも書いてあります。素人の予想ではあるものの確実に修理に出すより、購入した方が得策なケースだということで、迷わず買い替えることにしました。
今回購入したプリンターは、EPSONのカラリオシリーズで型番が、EP-713Aという機種になります。
吹き出し猫パンダ猫パンダ
なんと、2020年10月22日に発売されたばかりの新商品!
簡単操作で、コスパ重視で事務所用にプリンターを探されている方や、年賀状用に個人で探されている方の両方におすすめの機種になります。

エプソンプリンター『EP-713A』レビュー!対応インクの名前は『サツマイモ』

EP-713A購入

この機種を購入した理由は3つ。

・前回使っていた機種もEPSONだったこと。
・経理から言われた予算が20,000~25,000円。
・操作が簡単そうで、Wi-Fiにも対応していること。
壊れたプリンターが5年ほど前に購入したEPSONプリンターのEP-805A、ホントによく5年間も頑張ってくれたものです。
私は割と機械には強い方なのですが、ほかのスタッフがメカ音痴ばかりということで、他のスタッフの使いやすさ重視で今回もエプソンのプリンターを選択。
あきれ顔の猫パンダ猫パンダ
しかし会社の経理に事前に伺いを立てた結果、予算を20.000円~25.000円と釘を刺されたので選択肢は3つの機種に絞られてしまいました。
しかたなしに、家電量販店で13.800円の特価でならんでいたEPSONカラリオのEP-712Aを購入して会社に戻ろうとしていると、店員さんが思い出したように、ちょっと待ってもらえますか?もしかしたらこちらの機種の後継機で最近発売されたばかりの機種の在庫があるかもしれません?・・ということ。
少ない選択肢のなかでテンションが下がりながら決めようとしていた私には、思ってもない好条件か?少しドキドキしながら店員さんを待つこと約5分・・。
店員さん店員さん
お客様、在庫ございました!EP-713Aという最近新発売されたばかりの機種です。
みゆきん
これは買うしかないですよね・・。
一応、前回に使っていたEP-805Aとの違いや、Wi-Fiに対応しているかなどを確認して、EP-713Aを無事購入しました。

EPSONプリンターEP-713Aの梱包物を確認

梱包物の画像

わたしが撮影し忘れているといけませんので、念のため・・。

梱包内品説明書

Amazonのサイトなどの質問にも多い項目で、プリンターを買うときに同梱物の質問が多いですよね。ちなみに、今回購入したEP-713Aの箱の中には、専用インクは6色ちゃんと入っていました。

しかし、プリンターとパソコンをつなぐ有線のUSBケーブルは入っていません。

お持ちのパソコンにWi-Fi機能がない場合は有線ケーブルが必要ですので注意してくださいね。なお、USB3.0のケーブルは使用できません。

USB2.0A-Bケーブル

プリンターとパソコンを優先でつなぐ場合には、必ずこちらのUSB2.0A-Bケーブルを購入してください。1.000円以内で長さも2メーターから5メーターくらいまでありますので、ご自身の環境に合わせて購入ください。

EP-805Aより劣っていた所がありました。

印刷板引き出し画像

実は我が家のプリンターも5年ほど前にAmazonでエプソンプリンターEP-707Aという機種を購入したのですが、707Aは会社の805Aより劣っていた部分がありました。

印刷をするときに805Aは仕上がりまで自動で完結するのとは違い、我が家の707Aは印刷物を出す最後に印刷板を手で引き出さないと印刷できなかったのです。

今回、会社用として購入したEP-713Aも最後に印刷板を引き出さないといけない機種だったのです。しかしそれくらいは大した手間ではないので支障はないでしょう。

便利なアプリ(スマートフォンとプリンターを連携)

エプソンアプリ(EPSON smart panel)

プリンター本体のサブディスプレイからキューアールコードを読み取るだけで、簡単にアプリと連動できます。しかしながら、EP-713Aは最後の印刷板を聞くところだけは手動なため、このアプリは完全には使いこなせません。

スマホで撮った写真を気軽にプリントするなら、(下の写真↓)のEPSON iprintというアプリで充分楽しめます。

エプソンは楽しくプリンターを使うためのウェブサイトも充実

エプソンホームページ

梱包物に同封されている冊子にエプソンのWebサイトの表記があります。こちらから入って色々な印刷物を試して印刷物を楽しんでください。

epson.sn

EPSONプリンターEP-713Aの対応純正インクの名前は『サツマイモ』

エプソン純正インク

プリンター本体を購入してからお支払いの席に着いてから、思い出したように替えのインクを2つほど下さい。と店員さんにお願いしたら、このインクを2箱手渡されました。

箱にはカタカナで、『サツマイモ』と書かれて、サツマイモの写真まで入っているではないですか・・。思わず2度見してしまいました。

他のインクも気になったので、見てみると・・『カメ』とか『クマノミ』とかいろんな名前が・・。

店員さんに訪ねると・・。プリンターの型番の数が大量になってきたので、最近の機種対応のインクは数字から名前に変更しているのだそうです。

たしかに〇〇Aとか337とかいう数字や英数字を覚えてお店に行かなくても、『サツマイモ』とだけおぼえてインクを買いにいけばいいので楽ちんですね。

エプソンプリンター『EP-713A』レビュー!対応インクの名前は『サツマイモ』のまとめ

最後に,追伸

EPSONプリンターをご使用の方は、本体のサブディスプレイに・・廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。・・と、出てしまったら残念ながら買い替え時期です。

EPSONさんのサイトの『よくあるご質問(FAQ)の回答でも・・
PCまたはプリンター本体に廃インク吸収パッドのエラーが表示された場合は、部品交換が必要です。
お客様ご自身での部品交換は、行うことができません。
部品交換の作業は、弊社修理センターにて承ります。
なお、修理対応期限(補修用性能部品の保有期限)が経過した製品については、修理の受付は行われておりません。
お手数ではございますが、製品のお買い替えをご検討ください。
このように回答されています。
私の会社で使用していたプリンターもその表示が出てしまったので今回、新しくEPSONプリンターEp-713Aを家電量販店さんより購入したのです。
前回まで使用していたEP-805Aには若干機能が劣るものの、総合的にはコストパフォーマンスが高い機種であるEP-713Aは今後も、事務所用のプリンターとして活躍してくれそうです。
あと、プリンター用のインクのネーミングもEPSONさんは一新して楽しくインクを購入できること間違いなし!何と言っても名前が『サツマイモ』ですもの。
簡単で機能性もほどほどのわかりやすいプリンター【EPSON EP-713A
どんなプリンターを購入しようか迷ったら、ご家庭に、あなたの事務所に使ってみてはいかがでしょうか・・。
関連記事

部屋の掃除が苦手な人は電源コードがない掃除機を持った方が良い3つの理由みゆきん以前の私はとっても掃除が苦手でした。どうかすると、ちょっと部屋が汚れてたくらいが落ち着くような人でした。ですが、部屋が汚れ[…]

掃除画像
最新情報をチェックしよう!