奨学金はそれでも必要ですか?

奨学金はそれでも必要ですか?終身雇用の時代は終わったのですよ。

悩む学生学生さん
進学するのに奨学金を考えているのだけれど、ホントにそれでいいの?
家の都合や将来の夢に自分の力で近づこうと奨学金を使って進学する人が多いですよね。
今回の記事では、
・奨学金のメリット
・奨学金のデメリット
・奨学金の返済
・奨学金の恐ろしさ
についてお話していこうと思いますが、私自身は奨学金を利用したことはありませんが、最近まで返済を続けていた友人の話や、娘たちが現在利用していて、支払いが始まったタイムリーな話ができるのではと思います。
今回私がお伝えしたいことは、単に奨学金の説明や利用の仕方ではなく、あなたの人生、あなたの大切なお子さんの人生が奨学金を利用することによって本当に幸せになれるのかについて考えて欲しいということです。

奨学金はそれでも必要ですか?終身雇用の時代は終わったのですよ。

奨学金をもらって喜ぶ女の子

多くの高校生は進学して、いい会社に入ってその会社で定年まで働き、途中でローンで車を購入。

いずれは結婚してマイホームも購入、定年までは家族のために身を粉にして働き、定年を迎えたら退職金でマイホームの支払いを完済し、孫の世話をたまにしたりして過ごす・・。

と、こんな将来設計をイメージとして持つ高校生は少なくはないことでしょう。10年前なら当たり前にほとんどの日本人がそう思っていたに違いありません。

今の日本では、10年前まで当たり前だったプランが当たり前ではないのです。なぜそうなってしまったのでしょうか?

答えは、これから先の日本では「終身雇用制度」が崩壊していくからです。

終身雇用が行われなくなってしまうと、上記にあった高校生が思い浮かべていた将来プランが実行困難な世の中になってしまいます。

昔の日本の中流階級

中流階級

1980~1990年代の日本では、中流階級といわれる層の所得額はおおよそ年収600万~700万世帯のことを指しました。

しかしリーマンショックもあり、現在の日本では同じ中流階級を指す年収額が大幅に下がっています。体感でいっても平均年収が400万くらいが平均ではないでしょうか?

昔でいう所の中流階級は現在の世の中では上流階級なのです。何を言いたいかというと、単純に日本人の平均所得が大幅に下がっています。

奨学金の返済で苦しんでいる若者が多いのは、このことが大きく関係しています。

奨学金のメリット

奨学金をもらって喜ぶ男女

奨学金のメリットとしては、なんといっても夢に向かって頑張る高校生に対して学費を貸してくれること。

ごくまれに超優等生の生徒には、返済の義務のない給付型の奨学金もありますが、審査がとにかく厳しくてとても狭い門なのです。日本の奨学金のほとんどは利子の派生する奨学金を受けている人がほとんどだというのが現状。

しかしながら自分の進みたい進路や、いい進路に進むための通行手形的に進学を考えている学生や親子さんにとっては高額な学費を融資してくれる奨学金制度はとりあえずは助かる制度だ。

奨学金自体が配布されるのは入学後にはなるが、入学前に必要なまとまった金額の入学金などは、学資ローンやその他の金利が安いローン融資を受けることになるでしょう。

将来にやりたいことがはっきりした経済力のない学生には、将来の自分への投資としての価値は充分にあるのかもしれない。

奨学金のデメリット

奨学金のデメリット

この『奨学金』という制度では中でも1番有名なのが日本学生支援機構(JASSO)という機関があるが、ネーミングが良くない。ネーミングからして学生が勘違いしやすい。

このネーミングだと、支援というワードに反応してしまい奨学金自体が借金であるという認識が薄れてしまいがち。給付型でない奨学金はちゃんと利子のついた借金なのだ。

奨学金のデメリットは何と言っても、社会人になったと同時に借金を背負って社会人生活をスタートしなくてはならないこと。

職業によるが、大学卒の初任給20万ちょっとだと考えると、家賃や新しい生活用品のお金のやりくりは大変なことは目に見えてわかるだろう。

しかももっと重大なことが若い新社会人には圧し掛かる、毎月決まった額を返済に充てなければならないので、初めて就いた仕事が自分に合わないと思っても、なかなかやめることができないのだ。

すぐに転職しようとしても、新社会人になったばかりでは転職先の情報収集も転職活動も容易ではないことは当人にもすぐに思いつくだろう。

奨学金の返済について

奨学金の返済

奨学金の貸し付けは金利の上限が3%に設定されているものの、どう甘く見積もっても18~19歳の未成年に対して貸し出す常識を超えてしまっているようにしか見えない。

もちろん親の存在もあるので、貸出をする場合もあるだろうが、もとはといえば親に経済力がないから奨学金を借りるわけで、その過程には確かな担保となるものはないはずなのだ。

しかも将来、大学をもしやめてしまったら?仕事をすぐにやめてしまたら?返済能力がなくなるではないか・・。

奨学金を貸す側には取りっパグれのないウルトラC(秘策)でもあるのだろうか?

ちなみにこれから奨学金を借りようとしている人にはおぼえておいてほしい計算方法があるのでメモしておいていただきたい。

年利から支払う利息を計算する方法

利息の支払いは(元金×年利)÷365×返済までの日数
例えば元金が50万円で実質年利が16%、30日分の利息計算する場合は、(500.000×16%)÷365×30=6.575円になります。
借金の返済をする場合、利息元本の順で充当されるため、毎月の支払い額が10.000円のうち6.575円が利息として受け取られて残りの3.425円が元本へ充当されます。ですので、次回支払いは500.000-3.425=496.548円を元本として計算することになるのです。
利子のつく奨学金は完全な借金だということをちゃんと認識してほしいので、あえて借金の計算方法を書きました。

奨学金の恐ろしさ

ローン地獄

奨学金の恐ろしいところは・・・。

・学生に何百万円という金額を貸してくれる。
・社会人スタートから借金を背負ってしまう
・社会情勢が変わってきている。
社会に出る前の18歳の少年少女に貸し出すにはあまりにも大きすぎる額が奨学金では毎年貸し出されている、逆にまだ信用度の浅い若い社会人だと到底貸してくれない額を学生に貸し出すわけだ。
いくら教育費用とはいえ、社往来的に確実に卒業できるとも限らないだろうし、社会人になってもすぐに仕事を辞めてしまうかも知れない。
もちろんそんな時に、奨学金の返済が足かせになって思いとどまるのだろうが、確実にそうなるとは限らないし、高所得を得れる職に就けるという確約もないので、支払いに苦しむ姿が容易に想像できてしまう。
しかも決定的に昔の奨学金と今の奨学金の違うところは、社会情勢だ。
奨学金の制度自体は変わってないが、社会情勢が大きく変わってきているからだ。1番大きなことは、終身雇用制度がこれからどんどん崩壊していく社会に向かっているということ。
自分のライフプランに合わせて、自分の意志でする転職ならば問題ないのだが会社の都合によって余儀なくされる転職では奨学金の返済もままならない生活になってしまうから。
車が欲しくなっても我慢・・結婚したいけど我慢・・子供が欲しいけど我慢・・家が欲しいけど・・そんな人生になってしまうかも。

奨学金はそれでも必要ですか?終身雇用の時代は終わったのですよ。のまとめ

最後に,追伸

多くの人は大学に進学する目的はいい会社に就職する為、就職したら賃金(お金)を得るために働きますが、給料が低い新入社員の時から借金を背負うことになる奨学金は果たして今の時代にマッチしているのでしょうか?

いい会社に就職できたとしても生涯その会社で働き続けられる保証もありません。もちろんスキルは必要ですがそれが学歴が重要な世の中のまま進むという保証もないのです。

それでもあなたは、多額の借金を背負ってまで奨学金を借りてまで進学しますか?奨学金を借りてでも進学しておいて良かったという方は、コメントいただけるとありがたいです。

関連記事

疲労は眠りで回復させよう(アナタの眠りの質をチェック)寝ても寝ても疲れが取れない、夜中に目が覚めて熟睡できないなど、それは「眠りの質が落ちているサインです。」毎日の睡眠不足がどんどんたまっていき、心や身体に大きなダメージを与[…]

寝ている女性の画像

 

奨学金はそれでも必要ですか?
最新情報をチェックしよう!