20代の人が転職する動機やきかっけは突然やってくる大容量の情報

20代の人が転職する動機やきかっけは突然やってくる大容量の情報

新社会人として社会に入ったばかりの20代の方は当然のように
仕事に対しての考え方がまだ固まってません。
どんな仕事にしても始めたばかりなのですから当たりまえです。

一般的に職場の雰囲気に慣れるのに一週間,業界用語など
業務に必要なことを覚えるのに1か月,覚えたことを少しずつこなせてくるのに3か月

自分で創意工夫ができるようになるのに6か月
一般職レベルの業務全体をおおよそ把握して理屈で分かってくるのに1年

という経緯で進んでいきます。もちろん人によっては進み方の度合いが大きく変わりますが,
仕事をしている本人目線というよりは上司や先輩同僚から見た経緯ではおおかたそんな感じです。

離職率=離職者数÷1月1日現在の常用労働者数×100%(厚生労働省による簡単な計算式)

離職率とはある一定期間中にその会社からどのくらいの人が退職したのかを数値化したものです。

 

*19歳以下 37.2%
*20~24歳 25.8%
*25~29歳 17.5%
*30~34歳   10.9%
*35~39歳 12.5%
*40~49歳 6.8%
*50~54歳 6.4%
*55~59歳 7.6%
*19歳以下 44.3%
*20~24歳 27.3%
*25~29歳 24.6%
*30~34歳 18.6
*35~39歳 14.5%
*40~49歳 13.1%
*50~54歳 9.9%
*55~59歳 10.2%

そんな社会に出て数年の20代の転職を考える動機はどんなものでしょうか?

転職を考える動機(20代)

今の仕事は自分に向いてない
就職前に想像していた仕事へ挫折,お金(給料)を貰う事への責任の重さへの実感。
指示されるばかりの毎日への不満⇒やりがいを見つけることが難しい。
など,入社前の事前リサーチやとりあえず入社できたからやってみようなどの理由の場合に起こります。
仕事の内容は好きだが上司や同僚に合わない人がいる(職場の人間関係)
初めての社会に出ての「人付き合い」を目の当たりにして,学生時代の友人関係とは
違うよそよそしさや・高圧的な態度を最初にとられると
どうしてもうまく付き合えなくなってしまいます。
今の仕事をしていてもこれ以上成長できない
業務内容が土台つくりの段階の為,どうしても自分の意見が反映されにくく
「やりがい」を感じられない時期です。
給料面で今の仕事では先行き不安
入ってすぐの給料は安くて仕方ないのですが,この場合の給料面での不安は友人などの
給料との比較や職場の先輩の給料などを聴いて
将来に不安を持ってしまうケースです。
よくこの給料だと結婚もできないなどの近々の将来の不安要素になってしまいます。
今の会社で10年後も働いていられるだろうか?
大企業では40代のリストラなどを20代社員が目の当たりにして自分の行く末を
不安に思うケースです。
中小企業では会社存続自体を心配する社会状況でもあります。

20代の社員が不安に思う原因は会社の雰囲気・先輩社員の動向によるものが多い

少し他人まかせな意見かもしれませんが,若手社員は先輩社員の動向を
見ながら仕事をします。先輩社員に仕事をしない人がいたのならどうでしょう?

多くの人は「なんでわたしだけ」「あの人は何もしないのに」となりませんか?
そうした積み重ねがやる気を奪ったり、将来性をこの会社に感じられないという
結果になってしまうのです。

先輩社員に仕事をしない人がいる場合には多くの人はそう思うでしょう。
私の場合は少し変わっているせいか,
あの先輩ならすぐに追い越せると思ったものですが,
昔は年功序列全盛期だったので実際に追い越すのに10年以上
掛かってしまいました。

ですから,そう思ってしまった場合は自分が納得できるように
心機一転新しい自分の場所を探すのも今の時代では正解かもしれません。

20代の人が転職する動機やきかっけは突然やってくる大容量の情報のまとめ

結論としては,入社間もない新卒者や若手社員は自分に合った仕事の基準が
まだ定まってないので転職を考える動機が発生するのであれば

それは,その会社の体制に問題があるのだと思います。
確かに「こらえ性がない」などの性格面での本人に要因があったりはしますが
おおもとには,モチベーションを上げさせるだけの要素がその会社無いことが
若手社員がすぐに転職を考えてしまう理由だと思います。

合わせて呼んでください↓↓↓

30代の転職の動機やきっかけは10年たった今の自分

 

みゆきん
お話はここまでです。
みゆきんでした。

 

最新情報をチェックしよう!